北緯40度の地球村「黒崎めぐり」

黒崎展望台とアンモ浦展望台
太平洋をはるか下に望む断崖絶壁の上から丸い地球を実感

普代を代表する景勝地である黒崎展望台。
遠くは久慈市の久喜海岸から野田村の海岸線を一望でき、ところによっては150メートルを超える勇壮な断崖を眺められます。
眼下には青深いネダリ浜と白壁の小島がある弁天漁港。
近海に漁などで走る船はもちろん、普代村の村鳥ウミウや、ウミタカ、カモなどの鳥たちが綺麗な青のなかで飛びまわる姿を眺められます。

夜には満点の星空を観察。
黒崎展望台は、1950年代に今のような状態に整備され整備されおりますが、昔からこの地の眺めはよく村内外から人が集まってきたとされています。古くは、伊能忠敬が享和元年10月5日(西暦1801年11月10日)全国測量の旅路中に黒崎に寄り、晴れた夜空の中、星の観測を行い一晩宿泊後、野田村へと北上しております。(※1
伊能忠敬が観測した星空を300年の時間を経て同じ空の観察。なんともいえないロマンがあります。

駐車場からの誘導看板に促されるまま国民宿舎くろさき荘の裏へとまわると、程なく展望台への看板があります。太平洋に吸い込まれるように下る262段の階段を下りるとアンモ浦展望台。ここがまさしく北緯40度00分00秒東端ポイント。断崖上のわずかなスペースを利用して設けられた展望台からは、断崖絶壁を流れ落ちる滝がそのまま太平洋に注ぐアンモ浦の滝を見ることができます。高さ100m以上。一筋の糸のような水の流れが豪快な景色の中にアクセントを添えています。

アンモ浦展望台入り口

アンモ浦展望台入り口
 国民宿舎「くろさき荘」の裏から展望台へと至る262段の階段がある。「行きはヨイヨイ、帰りは怖い・・・」の歌よろしく、帰りの階段がきつい。でも、汗を流しても余りある雄大な景色を楽しめる。

アンモ浦展望台

アンモ浦展望台
100m超の断崖絶壁が続く。高度感もあり気分爽快。アンモ浦の滝は展望台の南側に見える。
アンモとはアイヌ語で鬼、妖怪、化け物といった怖いものの総称で、彼らがこの地に住んでいた浦(海岸)ということで名付けられたと言われています。


ここ黒崎は古くから海上交通の要所でもありました。江戸時代初期から海防を重視した南部藩では、藩領だった釜石市から青森県野辺地までの沿岸随所に遠見船番所を設け外国船を警戒。幕末になると大砲を備えた砲台場を30ヶ所以上に作るなどさらに警戒を強化し、安政3年(1856年)黒崎にも砲台が作られます。黒崎砲台場は、その歴史を伝えるモニュメント。現在は大砲に代わり、白亜の黒埼灯台が沖を行き交う船舶の安全を守り続けています。

黒崎砲台場

黒崎砲台場
 戊辰戦争のなごりの黒崎砲台場。沖を行く船舶を監視、警護にあたったかつての砲台をモニュメント風に再現。

黒埼灯台

黒埼灯台
 黒崎の突端にある「黒埼灯台」。
「日本の灯台50選」に選ばれております。

北緯40度のシンボル塔

北緯40度のシンボル塔
高さ4mもある大きな地球儀を取り入れたモニュメント。


三陸沿岸の海岸には、陸中海岸国立公園の風光明媚な景色を望みながらトレッキングを楽しめる陸中海岸自然遊歩道が設けられています。ここ黒崎は北山崎・黒崎海岸を望む道のコース上に位置し、展望台直下の黒崎漁港からネダリ浜、黒崎を経て南隣の田野畑村・北山崎から明戸キャンプ場まで全長20,9kmのコースが整備されています。全区間を踏破する場合の所要時間は約9時間。海水面からの高さ100m以上もの断崖絶壁に沿ってコースが設定されており、全コース走破にはかなりの気力と体力を必要とします。また、自然災害などコース状況が大きく変わる可能性があるため、挑戦時には事前情報の収集が不可欠となります。

陸中海岸自然遊歩道

陸中海岸自然遊歩道
 陸中海岸自然遊歩道「北山崎・黒崎海岸を望む道」の案内図。くろさき荘から北山崎までは片道約10.2km。靴、服装などは山登りと同様の装備がオススメ。

陸中海岸自然遊歩道

陸中海岸自然遊歩道
 ネダリ浜から黒崎漁港へと至る道は岩礁地帯を約1km歩く。遊歩道から磯に降りることもできる


快適にアウトドアライフを楽しめる黒崎オートキャンプ場&キャンプ場もあります。松林に囲まれたサイトにはオートキャンプ場が23区画。一般テント用 50張り以上のスペースもあります。メイン道路から奥まっているため環境も抜群。炊事場、水洗トイレの設備も万全。国民宿舎くろさき荘のお風呂を利用すれば長期滞在も苦ではありません。

黒崎オートキャンプ場&キャンプ場

黒崎オートキャンプ場&キャンプ場
 オートキャンプ場は23区画(1区画2000円)。キャンプは約50張(一人300円)。炊事棟、トイレも完備。開設期間は5〜10月。予約不要。

はまなすの花

はまなすの花
 5〜6月にかけて黒崎一帯でよく見かける。朱色の花びらが新緑に色を添える。

参考文献
※1:伊能忠敬測量日記一 P.150下段~P.151上段