普代村津波ハザードマップ

目 的

普代村においても、東日本大震災津波、また、過去の地震による津波が襲来し多くの尊い命が犠牲となっていることから、津波に対する早急な備えが必要とされています。
そこで、過去、地域住民の幅広い参画のもと、津波防災体制の現状を把握することにより、村民の防災意識の向上とそれぞれの地域の実情にあった津波ハザードマップが作成されました。
このたび、東日本大震災津波の教訓を踏まえ、村内の方の防災安全対策はもとより村外から普代村を訪れた方の安全対策を図るため新たな津波ハザードマップが作成されました。

災害時の役割分担と連携

大規模な災害が発生した場合、行政機関だけでの対応は限界があります。そのような場合、地域住民の一人ひとりが「自分達の命・地域は自分達で守る」という意識のもとで防災活動を行なうことが防災体制の強化において必要となります。こうした視点から、行政機関と地域や住民がそれぞれ役割を認識し、防災体制の整備を図っていくことが必要となります。

役割分担(自助・共助・公助の考え方)

自助とは(地域住民の役割)

「自分の命は自分で守る」といった考え方に基づき、村民一人ひとりが自分の命や生活を守るための活動をいい、この「自助」の中には、村民個人のみでなく、各組織や自分の組織を守るための活動も含みます。

共助とは(地域の役割)

地域の連携による防災活動を行なうこと、村民一人ひとりが協力して地域を守る活動をいい、自治会組織や民間組織が村民や近隣組織と連携して地域の安全を守る活動も含まれます。

公助とは(行政の役割)

行政が実施主体となる防災対策(主にハード面での役割)のことをいいます。